あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

会社・組織

2021年度 CSエピソード賞 発表!!

  • 職場環境
  • アルファリビング川西能勢口駅前
  • アルファリビング岡山駅西
  • アルファリビング福岡七隈
  • アルファリビング鹿児島上之園
1,464views

2021年度のCSエピソード賞が決定しましたので発表します。

今年度もエリア選考会を実施し、本選考会においてエリア代表のエピソードを全施設長、エリアマネージャーで審査しました。
おおたに社長おぶ本部長ひろた事業部長しまづ人事広報部長による最終選考を踏まえ各賞を決定いたしました。
(本選考会の様子はコチラ → 2021年CSエピソード賞 本選考会

審査基準
・理念(ブランドスローガン・ミッション)や方針を具現化している

・介護保険制度の目的である「自立支援」に繋がっている
・「お客様を主語にしたエピソード(物語)」が働くスタッフに感動を与える
・取り組みやチームケアの具体的な行動が働くスタッフに模範的である
・取り組んだプロセスは仕組み化されていて、単発でなく再現可能性が高い

それでは受賞者を発表いたします!

最優秀CS賞 アルファリビング鹿児島上之園スタッフ一同

お客さまに安心・安全な生活を送っていただきたいという気持ちが強いほど、リスクを想定しお客さまの選択を制限しがちになる。
しかし、「リスクがない生活に、本当のお客さまらしさがあるのだろうか」「リスクがあるからこそ、お客さまの自立支援につながるのでは」と考え、制限を強いるのではなく、リスクを最小化するための環境づくりを継続し、生活の質を上げるために介護・看護・居宅・医療機関が連携し、ご本人・ご家族が望まれることを、高次元で実現している。

優秀CS賞 アルファリビング福岡七隈スタッフ一同

ご入居の受け入れ自体を検討する難しい状態のお客さまに対し、諦めない姿勢でケアを続けた様子から、普段から実践している質の高いチームケアを垣間見ることができた。
また、ご入居者とご家族を繋げ、関わる人たちの絆の大切さを再確認することができた。

優秀CS賞 アルファリビング岡山駅西スタッフ一同

ご入居者本人の自分らしさは何かをチームで考え、制限を強いられる状況においても、実現できる方法を見出し実践した。
ご入居者の生きる活力、笑顔だけでなく、共に働くスタッフの自分らしさも引き出し、理念や方針を普段から高いレベルで体現している。

優秀CS賞 アルファリビング川西能勢口駅前スタッフ一同

イベント開催にあたり、楽しめることだけでなくご入居者の状態や想いを踏まえ目標を設定して取り組んだ。
チーム一丸となって目標達成に向けて協力し、ご入居者の参加意欲を高め、自分らしく活きる喜びにつなげた。

受賞された皆さん、おめでとうございます。
スタッフの皆さんが、ご入居者やそのご家族のことを一番に想い、日々体現されている事例はどれも素晴らしいものでした。
最優秀CS賞を受賞されたアルファリビング鹿児島上之園は、来年1月に開催される、あなぶきグループキックオフにて表彰いたします。

最後に、おおたに社長おぶ本部長のからのメッセージをご紹介させていただきます。

おおたに社長より
今回、CS受賞されたチームの方々おめでとうございます!
また、惜しくも入賞を逃したチームの方々、ありがとうございました。
このCS活動は、以前からあなぶきグループ全体で取り組んでいる重要施策の一つですが、我々のようなサービス業、特に介護・看護分野においては、日常業務がCSそのものであり、日々、日夜、CS推進を行っていると言えます。
しかしながら、その気づきやタイミング、そして取り組み方如何により、せっかくのその活動や働きかけも、クオリティに大きな差が生じるものです。
また、明確な答えやゴールもあるわけでもなく、高いレベルのCS活動品質をキープすることは簡単な事ではありません。
今後も、各チーム(施設)でトライアル&エラー(試行錯誤)の実践をお願いします。
ご家族、地域の皆様から認められ、当社がブランドとして評価され続けるまで、まだ道のりは続きますが、力を合わせ一緒に頑張りましょう。

おぶ本部長より
日々大変な中、まずはエントリーありがとうございました。
選考にあたって、関わった全ての方が「ご入居者にとってどうするのがいいのか」「自分たちの“らしさ”とは何か」すごく悩まれ、議論されたことが想像に容易いものでした。
このCS報告会も、回を重ねるごとに皆さんのたくさんの想いと行動が結実した心温まるエピソードを伺うことができ、とても心強く思います。
今回受賞された皆様、おめでとうございます。
どれも価値観や介護感の押し付けではなく、ご入居者本人の意思決定を最良の形で支援する、これこそが顧客価値で、当社の「らしさ(=ブランド)」なのであると改めて感じました。
これからもご入居者と皆さん自身の活きる喜びと自己実現を支えるケアの追及を、どうぞ宜しくお願いいたします。

この記事を書いた人

うつのみや(総務業務チーム)

うつのみや(総務業務チーム)

興味を持ったことは何でもやってみたい性格です。世界を広げようと、趣味で韓国語と英会話を学んでいます。なかなか上達しませんが、一歩一歩、牛歩であっても進んでいるはず・・・(と自分を信じる日々)。とにかく楽しく勉強を続けています。取材を通して皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。