あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

会社・組織

あなぶき社長による「穴吹塾」が開催されました

  • 職場環境
2,243views

あなぶきグループの穴吹忠嗣代表による「穴吹塾」が開催されました。

穴吹塾とは、あなぶきグループの価値観・考え方や、人間学、経営者の価値観、マネジメントの原則などをテーマに、グループ内の幹部に対して穴吹代表に講義いただく研修です。

当社の親会社であるあなぶき興産穴吹夏次前会長によって1964年に設立されました。
穴吹忠嗣社長(以下、あなぶき社長)は1994年に代表取締役に就任されています。
創業57年が経過した現在、不動産事業を中核として、人材関連事業・ホテル事業・トラベル事業・電力提供事業・医療介護関連事業など、幅広く展開しています。
グループ会社は43社、グループ従業員は10,000名を超えています。
(あなぶきグループ → https://anabuki-group.jp/

普段、あなぶき社長のお話をうかがう機会はあまりありません。
グループ経営で忙しくされているにも関わらず、今回は当社の幹部に講義いただけるとのことで、参加者は終始緊張の面持ちでした。

当社からは本部長・部長・エリアマネージャーの9名、あなぶきヘルスケアからは部長4名が参加しました。

参加者から幅広くいろんな質問が出ましたが、あなぶき社長はその全てに丁寧に返答していただきました。

人材育成や組織開発で大切なことは?
新規事業やM&Aの考え方は?
中長期の事業展開、海外展開は?
プライベートと仕事の区別は?
苦労したこと、失敗体験は?
先読み力、決断力を磨くには?
SDG’sへの考え方・方針は?

などなどです。

講義を通じて、あなぶき社長が「価値観の伝承」や「人材育成」をいかに大切なことと捉えているかが十分に理解できましたし、参加者はそれぞれ刺激や感じることがあったのではと思います。
創業から守り続けてこられた「価値観」を私たちも受け継ぎ、社是である「日々是前進」を実践してまいりましょう。

この記事を書いた人

嶋津 和幸(管理部部長)

嶋津 和幸(管理部部長)

Yawaragi編集長&人事広報の責任者です。日々いろんなことが起こる(自分で起こす?)当社で、日々奮闘中しています。妻は日本語ペラペラの中国人。結婚する前に「娘さんと結婚させてください!」とご両親に挨拶をしに中国に行ったのですが、それを妻が通訳していました。よろしくお願いします!