あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

シェアする

アルファリビングのまいにち

体力低下を防止し、安全で快適な暮らしを

  • 広島
  • アルファリビング広島中広

新型コロナウィルスの影響がまだまだ続いています。
ご入居者は外出の機会が減り、「運動ができにくくて、身体が訛ってるね。」といった声が聞こえてきます。

外出することは、心身的な健康増進につながります。
そして、外出できないことで少なからず筋力低下を起こし転倒等を生むこともあります。

ご入居者の体力の低下を防止し安全で快適な暮らしを日々送っていただく為に、アルファリビング広島中広では、歩行練習などの個別機能訓練とは別に毎日各階ごとにご入居者が集まり体操をすることを日課にしています。
ご入居者は毎日体操することで、健康の意識が高まっています。

スタッフは毎日14:00にミニカンファレンスを10分程度行い、ヒヤリハットやその日のご入居者の状況、ケアプランの実行度を共有し、ご入居者のお体の状態を見つめなおし個別機能訓練を計画しています。
また、毎月事故対策委員会で事故の再発防止を考え、感染症対策委員会ではコロナウィルスや感染症の知識を高め、スタッフ全員で安全な住まいをご提供できるよう取り組んでいます。

安全で快適な住まいを提供することは簡単ではありませんが、今後もスタッフ皆で協力しご入居者の生活に関わり続けていきます。

この記事を書いた人

819147

河野 博子

魚釣りも兼ねて、休みの日は愛車でドライブしながら息抜きします。

バナー:採用情報サイト バナー:採用情報サイト