あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

シェアする

アルファリビングのまいにち

訪問介護の合間に見たそれぞれの過ごし方

  • 松山
  • アルファリビング松山久万の台
閲覧数412回

訪問介護に向かっている時、談話室でご入居者同士がお話をされているお姿を見かけました。
お声掛けすると、「日光浴しよんよ」言われながら、談話室の窓から見える松山城を眺めていらっしゃいました。

別の日には、ご入居者が作られた作品の写真を皆さまで見て、「凄いですね」と話されていました。
写真に写っていたのは歌舞伎の木彫りの作品で21年前の物でした。
21年前と言えば、私がまだ生まれる前だったのでびっくりしました。

また、皆さんで昔の歌を歌われていて、「この歌知らないでしょ?」と言われ、戦争中に聞いていた軍歌であることを知りました。
短い時間でしたが、昔の貴重なお話や歌を知る事ができ自然と笑顔になれました。

アルファリビング松山久万の台のご入居者は、談話室や廊下で日光浴や体操など気分転嫁されながら、日々の生活を送られています。
他のフロアでは、ご入居者が「まだ、外に出れないほうがいいよね?」と言われて「そうですね」と答えると少し残念そうな顔をされる方もおられました。

外出を自粛する期間はまだ続きそうですが、ご入居者に笑顔の花を咲かせてあげられるように、館内で実施できるお茶会などのイベントや談笑する機会を作りたいです。
感染症が落ち着いたら、ご入居者と一緒に外出のイベントを企画したいです。

この記事を書いた人

アイぽん

アイぽん(介護スタッフ)

これからも頑張ります!

バナー:採用情報サイト バナー:採用情報サイト