あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

アルファリビングの暮らし

為せば成る

  • 阪神
  • アルファリビング川西能勢口駅前
905views

デイサービスのお迎えに行くと、いつも「お留守です」と冗談でお迎えしてくださるMさま。
スタッフが「お邪魔します」と言うと、「邪魔するんやったら帰ってー」と言われるのがお決まりの挨拶で、いつも私たちを和ませてくださいます。

普段は明るく楽しいMさまですが「足が痛い」「歩くのがしんどい」「なんでこんな足が動かんようになったんやろ」と言われ、悲しい表情で涙される時もあります。
しかし「歩けんようになったらあかんからな」と話され、できる限り車椅子を使用されず、ゆっくりと歩行器で歩かれてデイサービスに参加してくださっています。

Mさまにとって、デイサービスに歩いていくことが大変なリハビリですが、デイサービスに行けば「楽しいことがたくさんできる」と思っていただけるようスタッフ間で心掛けています。

「お友達やスタッフと楽しくお話ができる」
「季節に合わせた制作レクもある」

「おいしいおやつレクもある」

「思い出に残る写真も増える」など

Mさまのいつまでも歩きたいというお気持ちと、スタッフの楽しみを持ってご参加いただきたいという気持ちで、デイサービスを休むことなくご参加いただいています。
「為せば成る、為さねばならぬ何事も」と口癖のように言われるMさまは95歳を過ぎても、屈伸運動や踏み台昇降のリハビリに一生懸命取り組まれています。
これからもMさまとたくさん会話を楽しみながら、今のままのご生活を長くお過ごしいただくよう、スタッフ一丸となって応援していきます。

この記事を書いた人

しん(デイ管理者)

しん(デイ管理者)

最近はスマホゲームの将棋ウォーズにハマっています。