あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

シェアする

アルファリビングのまいにち

持ち上げない・抱え上げない介護を実践中

  • 松山
  • アルファリビング松山よつば循環器科クリニック前
閲覧数911回

みなさんこんにちは!
アルファリビング松山よつば循環器科クリニック前に併設されている、アルファデイサービスセンター南江戸です。

私たちは今、ノーリフトケアに取り組んでいます。
ノーリフトケアとは、人力だけで要介護者を持ち上げない、抱え上げない介護のことです。
福祉用具の活用により、介助する側の腰痛対策・介助される側の褥瘡・拘縮の予防、不快感の軽減を図ります。
デイサービスには、スライディングボードとスライディングシートというものがあります。

ベッド↔車いすの移乗時に、下肢に力が入らず立位の取れない方はこちらが持ち上げる形となります。
どんなに上手に持ち上げられても、介助される方はギュッと力が入り、体が強張ったり不快感を抱くそうです。
そこで活躍するのがこのスライディングボードです。
ご利用者の皮膚摩擦の軽減、褥瘡予防にもつながる上に、私たちスタッフの腰痛予防にも役立っています。

そんな私も若くて体力があり腰痛とは無縁の頃は、このような福祉用具を使うことが煩わしかったように思います。
「抱え上げた方が早い」
「ボードを使うなんて時間がない」
「滑りすぎて転倒させてしまうのではないか?」等々。
しかし、年齢を重ね腰痛にも悩まされるようになり、福祉用具を最大限活用することとなりました。
日本の介護職員の7割が腰痛で悩んでいるというデータもあります。
デイサービスでも、腰痛による離職がないよう今後もノーリフトケアを継続・技術の向上を目指し、皆が笑顔で関わり続けたいと思っています。
専門のスタッフや福祉用具プランナーもおりますので、興味のある方は是非見学にいらしてくださいね。

この記事を書いた人

ひえぽよ

ひえぽよ

食べることが大好きで、食べ過ぎることに困っています(笑)パン屋さん巡りをしたり、ドラマ・漫画を見るのが好きです。今の目標は、ついつい後回しになっているクロスバイクの整備をしたいな~っと思っています。

バナー:採用情報サイト バナー:採用情報サイト