あなぶきメディカルケア㈱が運営する
“誰でも見れるWEB社内報”です

ご入居者の中には、誤嚥性肺炎を起こすリスクが高い方がいらっしゃいます。
常に口の中を綺麗にしておかなければならず、口の中に残渣物や痰がある場合はかき取らなければなりません。

食事の直前にも口腔ケアを行う事により、唾液が多く分泌され飲み込みやすくなりますし、万が一誤嚥してしまい、食べ物や唾液が肺に入ってしまった場合も、直前の口腔ケアで口の中が清潔に保っている状態であれば、肺炎のリスクはかなり減ってきます。
食事の直前と食事後の口腔ケアは重要です。

口腔ケアは人によっては嫌がられ、歯ブラシを噛まれたり、口を真一文字につむって開けない方もいらっしゃいます。

お互い安全に口腔ケアを行うために、いろいろなグッズがあります。

私たちはこれらのグッズを使い口腔ケアを行うことにより、ご入居者の肺炎のリスクを少しでも減らせるようにお手伝いしています。
今後もご入居者が誤嚥性肺炎等にならないために、口腔ケアのお手伝いをしていきます。

 

SNSでシェア

この記事を書いた人

まっこさん
まっこさん

コロナ禍の中、家と職場の往復・・・。楽しみと言えば家でゴロンとなりながら韓国ドラマを観ること。梨泰院クラスに愛の不時着、青春の記録・・・しっかりハマりました。早く収束して、韓国に行きたい~!

記事をもっと見る

タグ一覧

バナー:あなぶきメディカルケア 採用情報サイト
バナー:あなぶきメディカルケア
バナー:あなぶきヘルスケア
バナー:あなぶきの介護