あなぶきメディカルケア㈱が運営する“誰でも見れるWEB社内報”です

まなぶ

「自立支援医療(精神通院医療)」勉強会について

  • アルファリビング吹田千里丘
  • 阪神
234views

こんにちは。アルファリビング吹田千里丘です。
5/1看護スタッフと介護スタッフ合同で「自立支援医療」の勉強会を行いました。

「自立支援医療」とは、心身の障害に対する医療費の自己負担を軽減する公的な制度です。

自立支援医療には以下の3種類があります。

①精神通院医療(精神疾患の治療)
②更生医療(身体障害の治療)
③育成医療(身体障害のある子どもの治療)

今回の研修では①の「精神通院医療」について学びました。
うつ病や統合失調症、アルツハイマー型認知症など精神疾患の治療には時間がかかることも少なくなく、その間に必要な医療費は経済的にも精神的にも不安材料になりがちです。

自立支援医療を利用することでそういった負担が軽減され、より治療に専念しやすくなります。

通常3割負担の医療費が1割負担に軽減され、世帯所得や治療内容に応じて月あたりの自己負担に上限が定められるため、原則として上限を超える分の医療費を負担することはありません。

そして、この医療制度は
精神に関わる通院費やお薬代だけでなく、「訪問看護」にも使える制度になります。

訪問看護の役割は様々です。
基本の関わりは下記の通りです。

〇ご利用者の身体面精神面の状態を整える

〇ご利用者の意向や目標、希望を伺う

〇ご利用者に合わせた自立支援を行う

私たち看護スタッフは、個別性を踏まえた介入を、ご利用者様やご家族様と話し合いながら決めていきます。

原則として、週に3回までの訪問が可能ですが、医師の指示があれば状況に応じ1日複数回、毎日の訪問も可能です。

この制度をご存じなく困っているご利用者やご家族がおられたら、ご提案させていただければと思います。

私たちアルファリビング吹田千里丘のスタッフは、一人ひとりのご利用者様とご家族様に丁寧に向き合うことを大切にしています。

ここでの出会いが必然になれますように・・・
この場所が少しでも穏やかで、心から落ち着ける場所になりますように・・・

私は看護師として、
ご利用者やご家族の
言葉に表せない想いや痛みに寄り添える存在でありたいと思っています。

この記事を書いた人

hakusan(看護スタッフ 管理者)

hakusan(看護スタッフ 管理者)

sakuに毎日癒されています♡